作業員

水害を防ぐには土のうを使って工事を行なおう

このエントリーをはてなブックマークに追加
工具

機械を支える軸受の構造

エンジンやモーターなど回転・往復運動を伴うすべての機械には、ベアリングと呼ばれる軸受構造の部品が使われています。ベアリングにも玉軸受やころ軸受・すべり軸受などの種類があり、機械の性質に応じた最適な選択が必要です。ミクロン単位の精度が求められるベアリングは、焼入れや研削などの工程を経て製造されます。

大切な現場を守る

土嚢

土を使わないタイプも登場

建築現場では、大雨が降りやすい6月〜10月頃の時期には、水害を警戒しながら現場工事を進めていかなければなりません。そして、雨水や砂利の流入を防ぎ、建築現場を守る役目を果たすのが土のうです。なお、土のうは、購入した土のう袋の6割〜8割程度の土を詰め、しっかりと紐を結んだうえで積み上げていくのが一般的です。しかし、最近では、都会では十分な土を確保することが困難という理由から、土を使わないタイプの土のうが人気を集めています。これは、5分間水に浸すだけで、土のうと同じはたらきをするため、急な大雨警報にも対処することができるメリットがあります。大切な現場の被害を最小限に抑えるためにも、購入を検討してみてはいかがでしょう。

現場の被害をコントロール

国土交通省によると、日本の年間平均降水量は、1700mm〜1800mmで世界の平均の2倍にもなるとされています。また、梅雨のシーズンから台風シーズンにかけての降水量が特に多く、このタイミングが大雨に警戒すべき時期です。建築現場では特に、既に着手した工事を無駄にしないためにも、土のうを積極的に活用しながら現場を守らなければなりません。土のうが水害に効果を発揮する理由は、うまい具合に積み上げていくと隙間が埋まっていくことで、水の流れを変えることが出来るからです。同時に、水とともに流れる砂利やゴミの流入を防ぐこともできるため、現場の損傷を最低限にとどめることができます。このように、水害による被害を抑え、その後の工事への影響を少なくするために、土のうが活用されています。

建設現場

クレーム回避のため

養生シートをかぶせておけば、工事現場の周辺に塵や埃などが積もることを防ぎます。また塗装の際には、塗料が他の場所に付着する心配が少なくなります。さらに養生シートには、掘削音などを響きにくくする効果もあります。また、コンクリートなどの乾き具合を変化させる日光や風を遮るためにも使われています。

作業員

汚水の対処

汚水は水を使用すると発生してしまうものですが、汚水は適切に処理しなければ河川の水質悪化を招くことになります。工場などでは処理プラントが設置されていますが、これらを効率よく行うものとして汚水処理剤があります。汚水処理剤では汚水の汚染物質を分離して固形化するなどして効率よく汚水処理を行うことができます。