作業者

水害を防ぐには土のうを使って工事を行なおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレーム回避のため

建設現場

美しい仕上がりに

養生シートとは、工事現場で建物や周辺の設備などを守るために使われているシートです。たとえば屋内での工事の場合、床や設置されている家具などに、塵や埃が降り積もってしまうことがあります。しかし養生シートをかぶせてから工事を開始すれば、その心配はなくなるのです。また、屋外でも外壁塗装などの際には、窓や庇などに塗料が垂れてしまう可能性があります。しかしこれらに養生シートを貼り付けておけば、塗料が垂れたとしてもブロックされることになるのです。このように保護することで、工事後のクレームがつきにくくなりますし、その心配をせずにスムーズに作業できるようになります。つまり、作業効率が上がる上に、仕上がりが美しくなるわけです。

防音および保温と保湿

養生シートには、工事による騒音を周辺に響かせないようにする効果もあります。掘削音などが養生シートに吸収されるため、その点でもクレーム回避に役立つと言えるのです。さらに養生シートは、工事現場での保温や保湿のためにも使われています。というのも、工事現場で使用する塗料やコンクリートなどは、気温や湿度によって乾き具合が異なってくるからです。日光を多く浴びたり風が吹き抜けたりする部分はスピーディに乾きますし、そうではない部分は乾きにくいのです。しかし養生シートをかぶせておけば、日光や風の影響を受けにくくなる分、全体的に均等に乾くようになります。これにより、作業ペースが保たれやすくなりますし、工期の乱れは生じにくくなるのです。